光ソリューション トップ > 活用事例 > 活用事例(クラウド):データセンターで「利用」と「所有」を使い分け、運用負荷を削減

活用事例(クラウド) 
データセンターで「利用」と「所有」を使い分け、運用負荷を削減

ゆとりある運転で安全に快適に、ビジネスのベストウェイをご案内します

活用事例02:クラウド・データセンター

サーバー運用費、人件費の見直しを図りながら、災害対策の強化もできれば

サーバーの管理運用にデータセンターを利用しているが、サーバーラックはすでに満室状態…。サーバーの負荷も増すばかりで、これでは経費のみならず業務効率の低下にも繋がってしまう!リソース消費量の変動が大きい、もしくは短期でも利用できるサーバーをアウトソーシングして、余裕を持った効率の良い運用ができないものでしょうか?

この課題に対してctcでは…
【既存サーバーラック+CTCマネージドクラウドの導入】をご提案

まず、お客さまの状況に応じたサーバー利用と〈運用負荷の軽減〉が重要と考え、仮想化技術を活用し、幅広いニーズに適う構成を短期間で構築できるCTCマネージドクラウドを検討していただきました。
クラウドサービスを利用して構築することで、サーバー構築期間の短縮、柔軟なシステム拡張が可能となります。さらにサーバー数を抑制し、ラック内の空きスペースを確保したことで、運用負荷の軽減にも繋がりました。

● 導入したソリューション

導入1
拡張性が求められる情報系システムや短期利用の開発用サーバーを、クラウドサービスを利用して構築。
導入2
既存のサーバーラックとクラウドネットワーク間はDC構内接続(1Gbps)で、安全かつ高速にLAN接続。

こんなに快適で経済的なら、もっと早く相談すればよかった!

サーバーラックのサーバーをクラウドサービスに移すことでラック内のスペースにゆとりができ、通常業務もスイスイ、驚くほどスムースに!運用負担もかなり軽減できました。クラウドサービスは、必要な時に短期間でサーバーを構築できるのが便利!その上使用期間に応じての課金なので、利用が少ない月はコストを削減できるのも嬉しい成果ですね。

関連ソリューション

こうした事例に近い課題でお悩みのご担当者さま、ぜひお気軽にご相談ください。

資料請求・お見積り

052-740-8001

受付時間 平日:9:00~17:30(土・日・祝日は除く)

各種お問い合わせ先

ページのTOPへ