ビジネスコミュファ光 TOP > > WPA2の脆弱性に関する影響について

トピックス

WPA2の脆弱性に関する影響について

中部テレコミュニケーション株式会社
2017年10月18日

平素より「ビジネスコミュファ光」をご利用いただき、誠にありがとうございます。

ニュース等で報じられているとおり、無線LAN(Wi-Fi)の暗号化技術(通信規格)であるWPA2(Wi-Fi Protected Access II)において、「KRACKs」と呼ばれる脆弱性があるとの発表がございました。
本脆弱性が悪用された場合、無線LANの通信範囲に存在する第三者により、WPA2 通信の盗聴が行われる可能性があります。

ビジネスコミュファギガおよびビジネスコミュファギガプラスで提供しているホームゲートウェイの無線LAN機能については、当該脆弱性に関する問題のないことが確認できております。
※上記サービスをご利用のお客さまの無線LAN機器(パソコンや、スマートフォン等)の脆弱性情報は各メーカにお問い合わせ下さい。

※ビジネスコミュファプロおよびビジネスコミュファVPNをご利用のお客さま
無線LAN機器(Wi-Fiルータやパソコン、スマートフォン等)の脆弱性情報は各メーカにお問い合わせ下さい。

以 上

各種お問い合わせ先

ページのTOPへ