ケーススタディ

中部5県の拠点を完全な閉域網で
接続することで、セキュアな環境で高速な通信を可能に!

小売業 B社 / 従業員数:約800人

課題・目的

・セキュリティリスクがあるため、インターネットを経由しない通信を行いたい。
・拠点の地域によって契約会社が異なるため請求書が分かれていて、支払い業務に手間がかかる。

効果

EtherLINK adを利用することで日本全国の拠点を完全な閉域網で接続することができ、セキュリティ向上!
拠点間のみならず、メガクラウドへもインターネットを経由することなく、セキュアな環境かつ高速で通信を行うことが可能です。
EtherLINK ad側にインターネットの出口を設けることで、出口を一本化することができ管理業務が容易にできます。
また、請求書も分かれず1枚のため毎月の支払い業務の負担を軽減することが可能です。

サービス利用イメージ

お問い合わせ・
お見積りはこちら

新規導⼊のご相談やサービス仕様の詳細など、お気軽にお問い合わせください。

ctc 法人サービス受付窓口

052-740-8001

営業時間/9:00~17:30
(土・日・祝日・年末年始を除く)