データセンター名古屋丸の内

概要

所在地名古屋市中区丸の内(名古屋市営地下鉄 丸の内駅から徒歩2分)

建物概要地上10階 建物免震構造 鉄骨造

受電方式特別高圧スポットネットワーク受電方式

床スラブ荷重1,500kg/㎡

非常用自家発電設備n+1構成 ガスタービン方式 連続運転48時間

無停電電源装置n+1構成(UPS) バッテリー保持時間10分

ラック収容能力約1,000ラック

ラック電源容量標準8kVA、最大20kVA

空調方式空冷式(中央熱源方式) 壁横吹出し方式

PUE1.32以下

運用体制24時間365日有人対応・マネージメントサービス

お客さまのさまざまなご利用ニーズにお応えできるよう、多様なサービスをご用意しております。

フルラック(42U) ハーフラック(20U) ハーフラック(20U) ハーフラック(20U)

お客さまの保守運用に対するご負担を少しでも軽減できるよう、多彩なサービスをご用意しております。

機器ランプの目視確認
PING監視
機器ディスプレイの目視確認
各種監視レポートの提供
各種ラベルの目視確認
Trap監視
電源OFF/ON(筐体リセットの実施)
プロトコル監視
ケーブル抜き差し
プロセス監視
緊急時のラック鍵開閉
ログ監視
各種機器(ネットワーク機器、ケーブルなど)の貸出
SNMP監視
手順書に基づく作業代行
リソース監視
バックアップメディア発送
メディア交換
メディア保管
入退室レポート
電源レポート

TOP

TOP