セキュリティ対策
強化ポイント MEASURES POINT

CLOUD SECURITYクラウドセキュリティ対策

多様化したセキュリティリスクに備えて、高セキュリティ環境の構築が進んでいます。しかし、どんなにセキュリティ環境を高度化しても、情報漏えい事故は現在も後を絶たず、企業にとって大きな課題となっています。このような人的ミスが発生原因として多いセキュリティリスクは、緻密な管理を行うことが重要です。

クラウドセキュリティ対策クラウドセキュリティ対策

O365インフラ強化

特権ID管理

メール監査・ウイルスチェック

さまざまなサービスがインターネットを通じてクラウドサービスとして提供され、それに伴い、メガクラウドサービスの利活用が進んでいます。しかし、こうしたクラウドサービスの利用が増大し、進むにつれて、トラフィックも増える一方です。データおよびトラフィックの増大により、業務効率の低下および度々発生するメンテナンス対応による運用負荷も増大いたします。

マネージドメガクラウドブレークアウト

通信データ量が多いメガクラウドへの接続を既存のインターネット通信のルートと分けることで、快適な通信を実現いたします。また、頻繁に発生するメガクラウドの接続先変更についても、自動更新できるため、メンテナンス対応の必要がなく運用負荷の軽減が可能です。

マネージドメガクラウドブレークアウトマネージドメガクラウドブレークアウト

特権IDとは、システム管理者のみが行えるデータベース管理や、マスターデータの更新などが可能な、最も強い権限を持つIDです。特権IDが不正利用や不正アクセスされた場合、情報漏えいやデータの改ざんなど、企業にとって大きな損害が発生します。大切なデータを守るために、外部と内部攻撃に備え、厳重な管理を行う必要があります。

ctcセキュアID

業務で利用する社内システム、クラウドサービスなど様々なサービスの「ID」と「パスワード」をひとまとめに管理できるIDaaS(Identity as a Service)サービスです。ctcセキュアIDをご利用いただくことで、ID・パスワードの管理負荷の軽減が可能です。また、セキュリティポリシーも一元管理することができ、多要素認証などのアクセス制御機能を利用することで、セキュリティレベルを高めることができます。

ctcセキュアIDctcセキュアID

近年、企業へのサイバー攻撃や人的ミスによる個人情報漏えいのニュースを度々目にするようになりました。日々増加するサイバー攻撃は手法も複雑化し、機密情報の漏えいなどのリスクが増加しています。また、人的ミスが発生起因として多い、個人情報漏えい事故は会社の信用低下に繋がり、莫大な損害が発生するリスクがあります。

ctcセキュアメール

運用をフルアウトソース可能なメールサーバー機能のほか、お客さまご利用のメールサーバーやOffice365、Gsuiteに、標的型攻撃対策や情報漏えい対策などのセキュリティ機能をご提供いたします。また、ファイル暗号化、上長承認などの誤送信対策機能やマイナンバーのフィルタリングなど、日本特有の要件を満たした機能がご利用いただけます。

ctcセキュアメールctcセキュアメール

CASE STUDYクラウドセキュリティ対策の事例

クラウドサービスを積極活用するための基盤強化

クラウドサービスを積極活用するための
基盤強化

B社 / 製造業、従業員数:450人

マネージドメガクラウドブレークアウト

ctcセキュアID