セキュリティ対策
強化ポイント MEASURES POINT

NETWORK SECURITYネットワーク対策

ネットワークセキュリティは、パソコンやネットワーク上に存在する大切な情報資産をあらゆる脅威から防御することを目的としています。日々多様化しているサイバー攻撃に対応していくためには、外部からの脅威や情報漏えいを予防するだけでなく、常時監視を含めた継続的な対策が必要です。

ネットワーク対策ネットワーク対策

出入口対策

ウェブアクセス

運用支援

インターネットやメール、クラウドサービスなどの通信における全ての出入口となる箇所に対して対策を施すことで、セキュリティリスクを軽減することが可能です。
外部からの進入やマルウェアが入り込むことを防御する入口対策に加え、入口で防ぐことができなかった攻撃についても、不正通信の遮断や通信の監視などを用いて出口対策を行うことで、ネットワーク内で多層防御を実現します。

マネージドUTM

UTM機器の利用により、さまざまな脅威動向を管理・防御することが可能です。ctcのマネージドUTMであれば、UTMをctcのデータセンター内に設置し、24時間365日で機器の死活監視をいたします。また、UTM機器の構築から運用保守、回線まで一括でご提供いたしますので、問い合わせ窓口も一元化され、運用負荷の低減を実現いたします。

マネージドUTMマネージドUTM

業務でのインターネットの利用は必要不可欠となっていますが、それに伴い、ウイルスの感染ルートも多様化し、手段も巧妙化が問題視されています。そのようなセキュリティリスクの脅威を予防するためには、Webアクセスの制御と可視化が重要です。

マネージクラウドWebセキュリティ

国内導入シェアNo1のWebフィルタリングソフト「i-FILTER」と検知率世界トップクラスのウイルス・マルウェア対策ソフト「Kaspersky」をctcのクラウドでご提供いたします。業務内容に応じたWebアクセスの制限やアップロードの制限など管理を強化することで、情報漏えい防止や生産性向上を図ります。また、事業者ならではの高速・大容量ネットワークが強みです。

WebセキュリティWebセキュリティ

セキュリティリスクを回避するためには、物理的な対策も必要ですが傾向分析や、解析による早期発見で被害の拡大を防ぐ必要があります。しかし、そのような対策には人的リソースかつ専門的な知識が必要です。さらに、セキュリティ機器からのアラートやログを24時間監視し、インシデントが起こった場合には即時対応が必要となります。

マネージドセキュリティ運用支援

セキュリティ機器の導入から通常稼動、アップデートまでctcが一括で運用し、機器本来の役割を最大限に活用いたします。さらに、セキュリティ機器のドロップログだけでなく、アクセスログやトラフィックを含めて相関的な分析を行うことで、より精度の高いセキュリティインシデントを検知し、的確な影響判断を行うことが可能です。また、24時間365日で脅威情報をリアルタイムに分析し、即時お客さまにご連絡いたします。

マネージドセキュリティ運用支援マネージドセキュリティ運用支援

CASE STUDYネットワーク対策の事例

専門家による24時間365日の高度なセキュリティ対策

専門家による24時間365日の
高度なセキュリティ対策

C社 / 運送業、従業員数:700人

マネージドセキュリティ運用支援