光ソリューション トップ > サービス紹介 > 電話サービス > CTC IP centrex サービス概要・仕様

IP電話 
CTC IP centrex

このサービスの新規受付は終了しております。

PBX機能をアウトソースすることでTCOと通信コストの削減を実現します

CTC IP Centrex は、ctcが CTC EtherLINK を介してPBX(構内交換機)機能を提供し、企業グループ内の内線網と公衆網への接続を提供するIP電話サービスです。0AB~J番号( 第2種IPセントレックスサービス )と番号ポータビリティサービスを利用いただくことにより、現在ご利用中の電話番号を変更することなく、IP電話化することが可能です。

電話番号そのままで利用可能

第2種IPセントレックスサービスと番号ポータビリティサービスで、現在の 電話番号をそのままご利用いただけます。

帯域制御機能による高い音声品質

CTC EtherLINKの最低帯域保証とIPセントレックスサーバーの使用帯域制御機能により、固定電話相当の音声品質を確保。(第2種の場合)

通信のトータルコスト削減

PBX撤去により、維持費用の削減・固定資産のスリム化が可能です。(PBXを残した拠点向けのメニューにより段階的なPBX撤去も可能)また、データと音声の統合網の構築、安価な通話料の適用等により、通信関連のトータルコスト削減を実現できます。

サービスメニュー

ご希望番号により第1種セントレックスサービスと第2種セントレックスサービスがあります。

※ CTC IP Centrexご利用にあたっては、別途CTC EtherLINKのご契約が必要です。

● 第1種IPセントレックスサービス

外線番号として050番号を利用したサービス

サービスタイプ

メニュー 内容
タイプ1 既存PBXを引き続き利用する拠点向けサービス(別途接続装置が必要)
050番号によるNTT等固定電話、携帯電話/PHS等との相互通話、内線通話のみのご提供
同時通話回線数をご契約いただきます
タイプ2 PBXを撤去する拠点向けサービス
050番号によるNTT等固定電話、携帯電話/PHS等との相互通話、内線通話、PBX機能のご提供
ご利用になる内線端末数をご契約いただきます

● 第2種IPセントレックスサービス

外線番号として0AB~J番号を利用した高品質サービス(050番号も利用可能)

サービスタイプ

メニュー 内容
タイプ1 既存PBXを引き続き利用する拠点向けサービス(別途接続装置が必要)
0AB~J番号又は050番号によるNTT等固定電話、携帯電話/PHS等との相互通話、内線通話のみのご提供
同時通話回線数をご契約いただきます
タイプ2 PBXを撤去する拠点向けサービス
0AB~J番号又は050番号によるNTT等固定電話、携帯電話/PHS等との相互通話、内線通話、PBX機能のご提供
ご利用になる内線端末数をご契約いただきます

[「0AB~J番号」のご利用条件]

なお、0AB~J番号には下記ご利用条件が必要となりますので、ご注意ください。

  • ・音声品質測定結果により、音声品質が確保できる品目にCTCイーサーリンクのご契約変更をお願いする場合がございます。
  • ・緊急呼び出し(110番、119番)への接続のため、最小限のNTT回線とNTT回線接続用ゲートウェイ装置の設置が必要となります。またIP電話からの緊急通報確保についてctcと確認書を取り交わしていただきます。
  • ・IPアドレスは固定アドレスでのご利用となります。またctcによるルーター装置の設定管理が必要となります。
  • IPセントレックス仕様書

このサービスに関心を持たれた方は、ぜひこちらもご覧ください。

ベストマッチソリューション

信頼の高品質でビジネスを支える広域イーサーネットサービスです

資料請求・お見積り

052-740-8001

受付時間 平日:9:00~17:30(土・日・祝日は除く)

各種お問い合わせ先

ページのTOPへ