FogHorn Lightning FogHorn Lightning

解決するポイント

- IoTで発生している課題を解決します! -

IoTでよくある課題
- IoTで発生している課題を解決します! - - IoTで発生している課題を解決します! -
FogHornなら
  • 工場内にエッジサーバを
    置いて
    実行させることで、
    問題を解決!

  • 高精度の
    クレンジング機能で
    解決!

ソリューション概要

お客様の要望をctcが
提供するソリューションで実現

お客様要望

ctcが提供するソリューションで実現
実現する機能

FogHorn Lightning™と
Grafanaで実現する
ソリューション

FogHorn Lightning™の
活用シナリオ

FogHorn Lightning™が
提供する機能
  • 時系列が異なるデータをあわせて表示
    細かい時系列に合わせて表示でき、
    正確な分析に寄与します
  • ゴミデータを容易にクレンジング
    VELという独自言語で
    簡単にクレンジング可能です
事例1工場内の様々なメーカの設備や古い設備、
外付けセンサ情報をまとめて表示
事例2現場で標準データとの乖離を確認し、現場の業務支援に活用
FogHorn Lightning™で差分を表示
リアルタイムデータと標準データを同じグラフに表示

リアルタイムデータと標準データとの差分を表示

データ収集時に扱える
プロトコル(例)

FogHorn Lightningが標準で扱える代表的な
プロトコルに以下のものがあります。
また、それぞれの一般機能名称と
FogHorn Lightning側の実装機能を示します。

上記の他、MCプロトコル変換プログラム等のご提供もございます。

各種お問い合わせ先

ページのTOPへ